マイクロストラテジーの通信ソリューションによるデータ分析と通信管理

利益を維持するために、テレコミュニケーション(telco)と放送ネットワークプロバイダーまたは電気通信事業サービス業者(CSP)は、ネットワーク利用を最大化し、最も価値あるサービスミックスを提供し、顧客の満足度を維持することで、コミュニケーションインフラにかかる莫大な費用を相殺する必要があります。

ソリューションを探す

解約分析

360度リアルタイムの顧客ビューにより、最も価値のある顧客と解約の可能性のある顧客を識別します。

顧客インサイト

データディスカバリアプリケーションは顧客へのサービスを改善し、収益を上げるのに役立つ洞察を提供します。

社員/訪問者のデジタルIDバッジ

セキュアな論理システムおよび物理システムへのアクセスに役立つスマートフォンベースのデジタルIDバッジを展開する。

施設の利用

テレコムの運用管理マネージャーがアセットの最適化のために職場スペースのリソース分析をできるようにします。

アセットの利用

Usherのダッシュボードのアクセスインテリジェンスを利用することで、組織のソフトウェアアセットが無駄になるのを防ぐことができます。

容量計画

容量計画とサービス展開決定を最適化するために、粒度の細かいパフォーマンスデータを活用します。

ネットワーク分析

リアルタイムにネットワークを監視および管理するためにビッグデータアプリケーションを活用する。

サービス保証

パワフルなサービス対応ツールを直接、現場担当エンジニアの手に。

テレコムストアの生産性

リアルタイムデータとセールスフロアに直結するKPIを提供する。

顧客ロイヤルティカード

チャンネル全体でユーザーエクスペリエンスを変え、パーソナライズしながら、顧客に恩恵を提供する。

コールセンターの照合

UsherのリモートID認証機能により、個人情報の窃盗を回避し、コールセンターのコストを削減します。

現場の自動化

主要なロケーションでのリアルタイム可視化に加え、現場での連絡を可能にする。

社員の安全および緊急時対応

緊急事態にスタッフと直ちに連絡が取れるようにスタッフの所在地を一目で確認できるようにする。

現場管理マネージャー

フィールドの生産性やリソースの利用状況に関するリアルタイムの可視性を現場管理マネージャーに提供する。

解約分析

The Challenge

顧客のチャーン(解約)はテレコミュニケーション産業において、1つの大きな収益リスクと言えます。この産業特有の激しい競争環境とMobile登録者数の増大を鑑みると、プロバイダーの顧客サービス部門には卓越したサービス提供が期待されます。テレコムでは不満を抱えた顧客が瞬く間に競合他社へと移行する傾向があります。

The Solution

MicroStrategyプラットフォームでは社内外の複数のシステム間でシームレスな統合性を提供しています。雑多なシステムを組み合わせることで、プロバイダーは顧客の理解を深め、マーケティングキャンペーンの調整、サービス問題の解決と、チャーンの抑制のために先手を打つことができます。企業は個々のレベルで各顧客に関する包括的な概観にアクセスできます。また、顧客が自社サービスをどのように利用しているかについてリアルタイムの洞察を得ることができます。集約レベルでは、企業はビッグデータを容易に分析することができます。大量のデータを調査することで、対象となる顧客を惹きつけ、引き留めておくためにさらに上の戦略を決定するのに役立ちます。マーケティングとセールスの戦略を分析するうえで、組織は顧客を惹きつけ、引き留めておくために、最適な組み合わせのサービスを開発し、そこからAverage Revenue Per ユーザー(ユーザー毎売上平均、ARPU)やカスタマーライフタイムバリュー(CLV)などのKPIの増大につなげます。

解約分析

顧客インサイト

The Challenge

テレコミュニケーションの顧客は、製品やサービスについて熟知しているため、テレコム企業側でも顧客について十分な情報を入手しておく必要があります。ネットワークを使用する顧客の包括的な情報なくして、企業が個別の顧客の嗜好を理解することはできません。これは、収益の増大にも、チャーンにもつながる可能性があります。

The Solution

MicroStrategy 10を使用することで、企業はネットワーク全体にわたる複数のタッチポイントからリアルタイムのデータを分析できます。顧客に関する包括的な概要を掴んでいれば、テレコム企業はより正確で、データドリブンの決定を下せるようになります。ユーザーはドラッグアンドドロップ機能で性別、年齢、購入履歴など、顧客の属性データを調べることができます。企業はデータディスカバリプロセスから得た洞察をもとに、対象を絞ったマーケティングキャンペーンの制作や得意客に合わせたストアディスプレイ、顧客向けによりパーソナライズしたショッピングエクスペリエンスなどをオンラインとオフラインの両方で提供できるようになります。進捗度を管理するために企業は簡単に詳細なレポートやダッシュボードを作成し、共有できます。また、ダッシュボードにカスタマイズされたビジュアリゼーションを組み込むことで、企業は顧客のトレンドを特定したり、この情報を資本化するための適時なアクションを取ったりすることができます。

顧客インサイト

社員/訪問者のデジタルIDバッジ

The Challenge

テレコミュニケーションシステム、オフィス、施設への社員およびベンダーのアクセスを管理するのは容易ではありません。アクセスカード、パスワード、ハードウェアトークンなどの従来型の個人識別方法は、アクセス管理に依存していますが、これらの認証システムは理想とはほど遠いものでした。これらはパーソナライズするのも、発行、管理、無効化するのも煩雑です。セキュリティ侵害の危険を伴い、法令に準拠するための監査証跡もありません。

The Solution

MicroStrategyでは、社員とベンダーの個人識別の管理に総合的なソリューションを提供しています。Usher。テレコム組織はこのソリューションを使用することで、物理ロケーション(オフィス、倉庫、工場など)のほか、デジタル情報(内部システム)へのアクセスをデジタルでシームレスに制御できるようになります。このスマートフォンベースのアプリケーションを使用することで、ユーザーは、歩いて近づく、またはスマートフォンのデジタルキーに触れるだけで、ドア及び門を簡単に開錠できます。Usherではテレコム組織に、プッシュ型通知、バイオメトリック認証、ワンタイムパスワード、フェースツーフェース確認、そしてBluetooth近接などの、高度な設定ができ簡易な多要素認証の各種のオプションを提供します。これは既存の施設のシステムと互換で、APIを用いてMobileアプリケーションと統合できます。

Watch the video

施設の利用

The Challenge

テレコム組織の運用管理マネージャーおよび組織管理マネージャーは常に、効率性を改善し、アセットへの投資を最適化するためにいかにワークフローを再編成するかを模索しています。

The Solution

テレコム組織はMicroStrategyダッシュボードを活用して、職場とリソースの使用状況を効果的にモニター、分析、管理できます。インタラクティブなデータディスカバリアプリケーションを使用すると、テレコムの運用管理マネージャーは企業内のキューブ、オフィス、駐車場の使用状況を追跡できるようになります。アセットの使用状況に関する総合的な洞察を得ることにより、意志決定者はアセット利用のピーク、平均、合計利用数などを表示できます。また、ダッシュボードで、使用中の電話回線数を表示することで、マネージャーはコストを削減し、無駄な費用を抑えることができます。これらのダッシュボードは自動的に更新でき、会社の従業員ディレクトリに結びつけて、最新情報を提供する一貫した更新を確保するのに役立ちます。

施設の利用

アセットの利用

The Challenge

エンタープライズのマネージャーは、自社の投資を最適化するためにソフトウェアライセンスなどのアセットのより効率的な使用や、エンタープライズ規模で生産性を向上する一方で無駄を防ぐという需要の高まりに直面しています。

The Solution

テレコムではUsherダッシュボードを活用することで、デスクトップ別のソフトウェアライセンスの利用状況を分析および監視できます。Usherダッシュボードは会社の社員登録簿をもとに、自動的に更新および統合することが可能です。こうした性能によりユーザーは全面的な情報を確認できるので、過剰支出や無駄な部分を特定し、未使用のエンタープライズライセンスを簡単に追跡できます。エンタープライズのデスクトップソフトウェアライセンスに見られる「無駄」なコストの平均は259ドル(1)に達する、エンタープライズのSaaSアプリケーションの平均数は16個(2)、大規模なエンタープライズでは2,000台のデスクトップを配置、エンタープライズのソフトウェアの28%(3)が未使用かほとんど使用されていない現状を鑑みると、これらがいかにコスト削減の対象として考慮すべきかは明かです。こうした統計情報をふまえて、この規模のエンタープライズにおける節約額を見積もると、8,288,000ドルに達します。この金額は(デスクトップごとに16個のアプリケーション)x(エンタープライズごとに2,000台のデスクトップ)x(デスクトップあたりの無駄なコスト259ドル)を算出したものです。

アセットの利用

容量計画

The Challenge

テレコミュニケーションのインフラ機器は在庫としてストックしたり、バックオーダーとして抱えることができません。成功するためには、需要にあった適切な量を確保することが極めて重要です。そのためには細かく考慮された計画と、堅実な拡張戦略が欠かせません。音声およびテキストのアプリケーションを提供するのであれば既存のインフラストラクチャで問題ありませんが、ブロードバンドやストリーミングサービスへの需要は加速しています。巨大で変化しやすい新たな容量への需要がインターネット上で作り出され、これがネットワーク計画を一段と困難なものにしています。

The Solution

ネットワーク上での粒度の細かいパフォーマンスデータに関する深い知識を有するMicroStrategyでは、テレコムが容量計画やサービス展開に関する決断を最適化できるよう支援します。高度な分析と予測ツールは、現状のネットワークの総合的な概要、そして、短期間の予測される状況を掴むのに使用できます。詳細レベルに及ぶこの知識をもとに、ネットワークのアップグレード、容量計画、サービス展開などを、より高い精度で管理できます。

容量計画

ネットワーク分析

The Challenge

ネットワークパフォーマンスを効果的に管理するためには、テレコム企業は、キーデータに対するリアルタイムの可視性を持つ事が必須であり、自社サービスが中断する前に、障害や品質問題への事前対策を講じられる必要があります。このデータとしては、範囲、帯域幅、通話切れ、製品対応、時刻分析などに対する洞察が含まれます。

The Solution

複雑なデータセットを取り扱ってきた定評ある機能により、MicroStrategyは大規模ネットワーク分析に求められる厳密さに最適です。MicroStrategyは耐用年数の増大、サービスレベルの改善、コストの削減、ネットワークパフォーマンスの最適化を実現することで、ネットワーク効率の最大化を支援します。MicroStrategyダッシュボードは、中心的な場所に膨大なリアルタイム情報を提供することにより、ネットワークの信頼性、通話の切断、顧客の行動、運用上のパフォーマンスメトリック、帯域幅、製品対応、時刻分析、アクティベーション/アクティベーション解除プロセスのパフォーマンスデータなどに関する適切なデータをユーザーに通知します。

ネットワーク分析

サービス保証

The Challenge

テレコム事業者は、自社のネットワークを介して提供されたサービスが常に顧客向けの最低品質基準を満たすようにするのに苦労しています。この基準を満たすため、現場担当のエンジニアには、使用状況、容量、サービス品質メトリックなど、リアルタイムにKPIを確認できる可視性が必要です。現場担当エンジニアがこれらのメトリックを活用して、ネットワークを安定させ、最適な顧客体験を維持することが極めて重要です。

The Solution

MicroStrategyを利用することにより、テレコムは複数のネットワークレベルと提供システム全体で、リアルタイムのKPIを提供できるようになります。現場担当エンジニアは、サービスレベルが指定した閾値以下に落ちると、即座にアラートを受け取ることができます。また、予測分析を活用することで、現場担当エンジニアは、発生する可能性のあるパフォーマンス問題を特定し、問題が生じる前に事前の対策を講じることができます。複雑なデータセットにも対応する確かな性能により、MicroStrategyはテレコミュニケーションネットワークの管理に伴う複雑性に最適なブランドとして認められています。MicroStrategyを使用することで、無線通信事業者はサービス保証や全体的な顧客体験を改善するためのネットワーク効率を測定し、最大化できます。

サービス保証

テレコムストアの生産性

The Challenge

小売業者のわずか19%しか、最新のテクノロジーを店舗KPIのリアルタイムモニタリングに使用していません。*このような競争の激しい市場では、ストアマネージャーは関連情報をタイミング良く受け取れないばかりに、潜在的なセールスをとりこぼしている可能性があります。

The Solution

MicroStrategyを使用することで、テレコムのリテールストアマネージャーは即座にリアルタイムのセールス、在庫、顧客情報にアクセスできます。この情報により、マネージャーは購買傾向の分析、販促キャンペーンの評価、似たロケーションのストアパフォーマンスのベンチマークといった作業を実施できます。これらのアプリを活用することでマネージャーは、トレーニング、コーポレートコミュニケーション、文書の視覚的な更新、セールスのベストプラクティス、その他の、包括的な概要を手にすることができます。データに基づく「スマートアラート」により、店舗スタッフが、商品在庫切れ、ワークフローのボトルネックなどに関連する、優先順位の高い問題への対応に集中できます。アプリユーザーは、トランザクション機能を用いて、販売フロアで直接得られた洞察を、即座の行動に移すことができます。これらの包括的でユーザーフレンドリーなアプリにより、マネージャーはより良い決定ができ、生産性を改善し、顧客に奉仕すること、スタッフを指導すること、および売り上げを伸ばすことにさらに集中できます。

テレコムストアの生産性

顧客ロイヤルティカード

The Challenge

特定のブランドにこだわる度合いの高い顧客は、高レベルのサービスを期待する傾向があります。テレコムにとってこうした機会を資本化し、最もロイヤルティの高い顧客が、競合他社へ移る前に恩恵を提供し繋がりを深めることが、困難であるのが現状です。チャーン率の高いこの業界において、企業ロイヤルティの感覚を養うことが、収益に真の影響を及ぼすことになります。

The Solution

MicroStrategy’s Usherはテレコムに対し、統一された顧客ID情報の単独ビューを提供します。そこにはセールス、サービス、マーケティングなどの各チャンネルからのデータが統合されています。テレコムの小売窓口店はこの機能をもとに、最も重要な顧客を最前列で優遇するなど、サービスの優先度付けを行うことができます。このコンセプトの好例は、最も価値のある顧客に「プレミアゴールド」レベルのサービスを提供するレンタカーショップです。この特典を受ける資格のある顧客は列に並ぶ必要がありません。また、無料で車両のアップグレードサービスや特別割引を受けることができます。Usherのアナリティクス機能は、事前に統合されたIDスキーマを装備し、テレコムは簡単にダッシュボードを構築し、ユーザーの嗜好に対する洞察をどこからでもリアルタイムに得ることができます。UsherはBluetoothテクノロジーを活用することで、重要なロイヤル顧客とやり取りする際には、販売員がカスタマイズされたVIPのインストアエクスペリエンスを提供するなど、パーソナライズされたユーザーエクスペリエンスを提供できるようにします。

顧客ロイヤルティカード

コールセンターの照合

The Challenge

テレコムのコールセンターでは、かかってくる顧客の個人情報をできるだけ正確かつ迅速に照合することが極めて重要です。時間と費用を最低限に抑えながら、電話をかけてきた人のユーザー体験を改善します。セキュリティに関する質問をいくつかするだけでも、それぞれの通話の対応に、貴重な数秒ときには、数分が失われます。これは、コールセンターの運用において不要で回避可能な費用といえます。

The Solution

MicroStrategy’s Usherはテレコム企業に、コールセンター環境に配備でき、高度な設定が可能で便利な多要素認証を提供しています。コールセンターの社員は、電話を通じてワンタイムUsherコード、またはユーザーのスマートフォンを介したプッシュ式通知を使用して、顧客IDを認証できます。個人情報の確認プロセスに費やす時間を減らすことで、コールセンターは貴重な数秒を削り落とすことができます。コールセンターの年間取り扱い量によっては、このわずか数秒の節約が多額になる場合もあります。

コールセンターの照合

現場の自動化

The Challenge

テレコムの現場サービス担当エンジニアは、現場の状況、作業命令、インシデントの報告など、各種資料を管理する責任を負っています。この資料から生成されるデータなくして、分析や将来的な評価は、非常に困難なものになります。この情報を取得する必要性に加えて、エンジニアには現場にいる他のエンジニアと効率的に連絡を取り合い、複雑な問題や修理を解決する能力が求められます。しかし、電話、テキストメッセージ、メールなどを使ったやり取りは、ときに現場では困難なこともあります。

The Solution

MicroStrategyは、トラブルシューティングと修理過程を自動化したアプリを、企業が現場の技術者に装備する手助けをします。既存の装備、直近のソフトウェアバージョン、クラッシュレポート、過去のサービス問題、契約内容など、顧客の重要なデータを技術者に提供することで、プロバイダーはサービス訪問を簡素化することができます。また、アプリケーションは、修理の手順をステップbyステップで示したり、ソフトウェアや装置を遠隔でリセットしたりするためにも使用することができ、結果として問題解決までの時間短縮と顧客満足の向上につながります。これらはまた、修理に助けが必要な場合に備えて、同地区にいる他の現場担当エンジニアと連絡を取る2つの手段を備えています。

現場の自動化

社員の安全および緊急時対応

The Challenge

あらゆる緊急事態に備えて、社員の所在地や安全を即座に確認できるようにすることは、組織にとって極めて重要です。地域、複数の施設がある場所、現場にいるエンジニアに至るまで、社員が分散することから、社員がどのような場所にいても、効率的に所在地を確認し、連絡を取る方法の確保が通信事業者の課題となっています。

The Solution

Usher Professionalは、各倉庫、工場、オフィス、および他の施設のテレコムマネージャーに、避難中に素早く的を絞った行動が取れる手段を与えます。オフィスからの避難が終わったら、全従業員がプッシュ通知アラートを受け取ります。まだ建物内に残っている人は速やかに特定され、居場所を確認、救出します。インシデントの種類に関係なくUsherは即座に社員の所在を確認できるので、緊急時対応チームの効率を改善するのに役立ちます。

社員の安全および緊急時対応

現場管理マネージャー

The Challenge

地域に社員が分散するテレコミュニケーション産業では、現場担当エンジニアが自社ビジネス業務を実施しているのか、リアルタイムで厳密に特定するのが困難です。

The Solution

現場管理マネージャーはMicroStrategyを使用することで、作業場所、社員の活動、リソースの使用状況を即座に確認したり、現場作業をより詳細に見るためにデジタルシステムにアクセスしたりすることができます。現在作業中の業務内容を総合的に理解することができれば、マネージャーは動的なサービス要求を受け、効率的に現場のエンジニアと連絡をとり、問題の解決に要する時間を削減できます。これは組織の生産性最適化し、費用の削減につながります。

現場管理マネージャー

最も強力なアナリティクスプラットフォームを実践する準備はお済みですか?