マイクロストラテジーの教育機関ソリューションによる学生管理と財務分析

学生、教員、資金調達に対する競争が激しくなる中で、高等教育機関は、業務を簡素化し、学生の体験を向上させるためにデータの力を利用する必要があります。アクセス制御と緊急対応テクノロジーは、キャンパスの犯罪の影響に照らして検討する必要があります。

ソリューションを探す
エンタープライズアナリティクス
管理

入学審査トラッカー

入学審査トラッカーは、アウトリーチ戦略から入学率予測に及ぶ組織的な変更の基盤としてアナリティクスを使用します。

Learn more
エンタープライズアナリティクス
管理

コース登録の最適化

コース登録の最適化は、大学が提供コースを計画する際に学生の関心事を考慮する上で役立つデータディスカバリ アプリケーションです。

Learn more
エンタープライズアナリティクス
管理

学術的助言

学術的助言アナリティクスは、大学入学から卒業後まで、結果を追跡し改善する支援を提供します。

Learn more
エンタープライズIoT
学生と同窓生

学生バッジ

学生バッジは今日の学生に優れたユーザー体験を提供します。

Learn more
エンタープライズIoT
スタッフ

スタッフ バッジ

スタッフ バッジは、スマートフォン上のデジタルIDバッジによる情報システムや施設へのセキュアなアクセスを提供します。

Learn more
エンタープライズIoT
キャンパス

キャンパスのアクセスと安全

キャンパスのアクセスと安全は、異常を特定し緊急事態に対応し、安全性の向上を図ります。

Learn more
エンタープライズモバイル
キャンパス

運用管理者

運用管理者は、センサー データを分析して、施設や水道光熱設備の利用を監視するビッグデータ アプリケーションです。

Learn more
エンタープライズアナリティクス
キャンパス

ベンダー ポータル

ベンダー ポータルは「req to check」からの調達ライフサイクル用の双方向インテリジェンスです。

Learn more
エンタープライズアナリティクス
管理

助成金の管理

助成金の管理は財政的責任を維持しながら研究を強化します

Learn more
エンタープライズアナリティクス
管理

大学開発

大学開発アプリは同窓生関係の改善を通して資金調達を促進します。

Learn more
Enterprise Analytics Solution

入学審査トラッカー

The Challenge

あらゆる種類と規模の大学は常に素晴らしい学生を入学させ、維持する努力をしています。アウトリーチ活動をどこで、どのように行うか、あるいはどの学生に入学を許可し、奨学金を提供するかといった問題に答えるには、どのようなタイプの学生が入学を希望し、どの学生を実際に入学させ、どの学生が成功するのかを深く理解することが重要です。

The Solution

このアナリティクスは入学審査とクラス登録に関連するため、組織の効率と意思決定を改善する新しいモデルを専科大学と総合大学のリーダーに提供します。データは計画と学生募集の成功のカギです。MicroStrategyは、入学希望者と保護者がWebチャンネルとどのように対話しているか、あるいは人口動態が意味のある方向へ変わりつつあるのかといった、様々な質問に答えるための支援を大学に提供します。MicroStrategyは市場でも有数の幅広い高度な分析ライブラリを提供します。基本的な集計や最適化をはじめ、予測や予想まで、ユーザーは統計メトリクスを分析ワークフローに非常に簡単に組み込むことができます。MicroStrategyでは、Web訪問者、入学志願者、大学入学者に関して収集された重要で豊富なデータは、どのような違いを人々が求めているかを学校が理解し、マーケティング戦略とカリキュラムを適宜に組むことに役たちます。350を超える製品に付属するネイティブ機能を装備し、入学審査スタッフはデータマイニングを実施し、ITからの最低限の支援で非常に高度な統計アルゴリズムを作成できます。それぞれの入学志願者募集サイクルの効果改善に役立ち、教育が提供するものが教育機関、学習者、および雇用者のニーズに合致するよう支援します。

Watch the video
Enterprise Analytics Solution

コース登録の最適化

The Challenge

大学の管理者とスタッフは毎学期何千もの学生のコースセクションの構築と維持に、責任を負うことが多く、承認されたコースのリストに対応した教室のスケジュールを組まねばなりません。この業務に加えて、大学の管理者とスタッフは、コースへの登録レベルを時間の経過とともに監視し、学生の興味とニーズに合わせて、新学期に継続するコースや廃止するコースを決定しなければなりません。

The Solution

大学は明日の教育ニーズのために、現在の学生の行動様式と活動に基づき、将来を見据えて一貫して計画を立てます。MicroStrategyアナリティクスは、大学の事務職員や教務課の職員が学生の希望するコースに関するデータを掘り下げて調査するにあたって、速度と精度を提供します。MicroStrategyアプリケーションは、教育プログラムが大学の目標全般に合致するように、教育プログラムの健全性を評価する支援を大学に提供します。それぞれの学部の管理者はコース コードまたはコース名をドラッグ&ドロップして、学生の登録を学期で比較できます。フィルターを使用して、学部ごとに分析の精度を高め、コースの人気度を題目と大学教員ごとに把握し、教室の配分を考えます。MicroStrategyを使用して、教授と管理者は協力して、学生に人気のある専攻科目と副専攻科目を把握することができます。これらの知見が、短期的および長期的教育戦略の構築を支援します。大学はより専門性の高いプログラムを開発し、学生の興味を反映したデータを追跡することができます。

コース登録の最適化
Enterprise Analytics Solution

学術的助言

The Challenge

2016年、大学生は平均37,172ドルという学生ローンの負債総額を抱えて卒業しています。* さらに、2007〜08年度における最初の学士号取得候補者のわずか40%が入学から4年間で学位を取得しています。** この現象の要因として、転校や専攻の変更に起因する余分な単位が挙げられます。このような環境下では、学術的助言の改善は学生の結果を改善するために重要です。しかし、全国の大学から得られた自己報告から、4年制の公的教育機関において平均フルタイムのアドバイザー1人に対して約300人の学生がいるという比率が示されています。

The Solution

大学は常に学生に関するデータを収集しています。次のステップは、学習者が役立つように使用できるアクショナブルな情報にこのデータを変更することです。MicroStrategyを用いて、LMSシステムとSISシステムが収集した複雑なデータは、リアルタイムの学生レベルの勧告に結びつけることができます。これらの知見は、アドバイザーの決定に情報を伝えるのために役立ちます。アドバイザーは学生のために、余分な単位の積み上げを最小化し、重要な隔年のコースの登録に注意を向けます。あるいは、一般に学生が卒業に要する時間を減らすように介入することもあります。MicroStrategyでは、大学が既存の投資を利用して、他の予測モデルマークアップ言語(PMML)を使用するアプリケーションの予測データマイニングモデルと統合することができます。これは学校が、学生がコースを無事に完了するかしないか、学生の属性を特定するのに役立ち、学業の遅れのリスクのある学生をより良く支援することができます。さらに、MicroStrategyは簡単にSASとSPSSをまるでネイティブの機能のように統合でき、Rにも迅速、簡単に、拡張可能な方法で統合できます。

学術的助言
Enterprise IoT Solution

学生バッジ

The Challenge

テクノロジーを利用する大学は、常に予算内で、差別化したより良いサービスを学生に提供することに努めています。イノベーションは採用と寄付イニシアティブも同様に促進します。物理IDバッジやパスワードといった、現在キャンパスで使用されている身元確認方法は安全性に欠け、個人情報盗難や詐欺の犠牲になりかねません。物理学生IDは、容易に偽造、紛失、盗難される可能性があります。極めて個人的または学術情報を保護するためのパスワードは、本人が忘れたり、書き留めていることがよくあります。多数の重要なリソースの安全が問題であるため、大学は現在のID管理アーキテクチャにセキュリティを追加することを検討しています。

The Solution

Usherでデジタル学生IDバッジを展開することで、大学は学生にキャンパス エコシステムへの便利でセキュアなアクセスを許可できます。これらのバッジは、教員が学生の出欠確認のために使うことができ、また学生は指定されたバッジを使い、キャンパス施設とシステムにアクセスできます。Usherバッジは貸し出しと返却の過程を簡素化するために、図書館のシステムに統合され、学生食堂の店頭端末でも使用することができます。学生はまた各自のデジタル バッジを、試験を受けたり、成績証明書を受け取ったり、実験室入室の際の身分証明としても使用できます。写真が紛失したり盗まれた場合には、簡単・迅速に無効にして再発行できます。同時にUsherはアクセス関連のテレメトリーを収集し、学生がキャンパス システムおよびキャンパス空間をどのように利用しているかについてのインサイトを得るための詳細な分析に利用します。

Watch the video
Enterprise IoT Solution

スタッフ バッジ

The Challenge

大学のキャンパス施設や資源は多数の異なる人々によって利用されています。物理および論理システムへのアクセスを制御するために、それぞれ異なるタイプのIDを使用した場合、教職員か訪問者かを問わず、すべてのタイプをカバーしきれずにアクセス管理にギャップが生じる可能性があります。さらに、アクセス カード、パスワード、ハードウェア トークンはパーソナライズ、発行、管理、取り消しが面倒で、さらなるセキュリティのギャップにつながりかねません

The Solution

Usherは、大学がスマートフォンに実装されたデジタル バッジを使用して、実験室、アスレチック施設、および重要な情報システムへのアクセスをセキュリティ保護するお手伝いをします。Usherがあれば、大学は教職員が物理的な出入り口と大学のシステムやアプリケーションに便利かつ安全にアクセスできるよう、デジタルバッジを発行できます。訪問者や同窓生にも、一時的なカスタマイズされたレベルでデジタルおよび物理キャンパス エコシステムへのアクセスを許可できます。Usherでは、ユーザーがドアやゲートに近づくかスマートフォンのデジタルキーを1つタップするだけで解錠できるように設定できます。また、Usherでは、許可された人だけが立ち入り禁止領域や機密情報へのアクセスが可能です。プッシュ型通知、バイオメトリック認証、ワンタイムパスワード、フェースツーフェース確認、そしてBluetooth近接などの、強固で便利なマルチファクター認証の各種のオプションを提供します。ユーザーの行動や居場所に関するバックエンド テレメトリーデータを作成するため、キャンパス セキュリティおよび管理者は、学校敷地内全てのアクティビティを詳細に管理できます。

スタッフ バッジ
Enterprise IoT Solution

キャンパスのアクセスと安全

The Challenge

大学のキャンパスはさまざまなセキュリティと安全への脅威に直面しており、適切に対応するための準備を整えておく必要があります。特定の状況によって異なりますが、緊急対応者を早急に派遣し、建物から人々を避難または建物を施錠させる必要があります。適切な対応を決定した後、大学は様々な課題に直面します。影響を受ける人全員にどのようにして通知するか。学生が追跡者から逃げようとしている場合、その学生をどのようにして見つけるか。避難の場合、全員が避難したかを知るすべがあるか。建物の中に人が残っているとしたら、それはどこか。

The Solution

Usherは、大学がキャンパス緊急時に素早く的を絞った対応ができるようにサポートします。Usherは、すべてのユーザーの位置情報データと、影響を受けたすべての学生と教職員とコミュニケーションをとることができる環境を提供することによって、管理者がいかなる状況でも対応できるツールを提供します。学生は事件を報告するためにアプリを使用でき、管理者は窮地にあるユーザーの位置を特定して追跡し、メール、SMS、携帯電話を通して重要なメッセージを伝えることができます。建物からの避難が終わると、キャンパスにいる人々にプッシュ通知を送り、立ち入らないように警告し、まだ建物内にいる人々がいれば早急に見つけて識別します。事件のタイプにかかわらず、Usherによるリアルタイムの洞察はキャンパスの緊急対応機能の改善に役立ちます。

キャンパスのアクセスと安全
Enterprise Mobility Solution

運用管理者

The Challenge

キャンパス運用管理者は、情報が異なる情報システム間に散在していることから、リソースの割り当ての全体像を維持するという課題に直面しています。このため、効果的な年間予算を組むのがより困難になります。

The Solution

学生センター、体育館、大型実験室領域、複数の食堂から成る大学の構造は、小規模な都市に類似しています。管理者は、予算とリソースの割り当てを効果的に計画するために、キャンパス施設やリソースがどのように使用されているかを理解することを望んでいます。MicroStrategyは、キャンパス全体および様々なシステムから情報を収集してキャンパス アクティビティの全体像を生成します。これにより、管理者は効果的にキャンパスの運用を監視できるようになります。MicroStrategyはまた、キャンパス ネットワーク管理者がシステムを円滑に運用するためのサポートも提供します。ネットワーク管理者はデータログを見直して、速度の出力、接続エラー、データ傍受についてより深く理解し、様々な場所のルーターごとの帯域幅使用率やデータ転送速度を分析できます。これらの洞察から、ボトルネックの排除、サービス品質向上、リソース計画の改善を図ることができます。MicroStrategyはまた、様々なソースからのセンサー データへの可視性を提供します。たとえば、照明器具のスイッチが入ったときに情報をログするようにできます。管理者は、この光センサー データを見て部屋が使用されているかを知ることができ、この情報を使って施設をより効果的に管理できます。

Watch the video
Enterprise Analytics Solution

ベンダー ポータル

The Challenge

学校と学部レベルの意思決定者が点在する状況下では、大学はベンダーに矛盾したビジネス インテリジェンスを提供することが多々あります。関係者によって使用するデータ バージョンが異なる場合があるうえ、しばしば学部の職員は成果の向上を推進するのに必要な詳細レベルでのベンダーのパフォーマンスに関する情報を確認する時間が限られています。

The Solution

MicroStrategyは、ベンダーとサプライヤー両方へのタイムリーな関連データを提供し、効率を上げるためのコラボレーション促進を支援します。ベンダーとサプライヤーは、売上、在庫、利益性、サプライチェーン、販促に関する最新データのセキュアな共通ビューを共有することになります。学校側は、個々のベンダーが表示できるデータを制御し、ベンダーは自社の製品とカテゴリーにとってより良いビジネス結果を得ることができる手段を備えています。これらのソリューションはまた、ベンダーが匿名レベルで競合他社と比較したパフォーマンスをベンチマークしたり、製品の予測を見たり、販促資金の効果的に使用についての理解を深める手助けにもなります。大学はまた、年間を通じてベンダーとより効果的にコミュニケーションを図ることができるようになり、より良い交渉に役立ちます。MicroStrategyプラットフォームを使用して、貴重なビジネスの洞察をタイムリーにベンダーに提供することで、大学はサプライチェーン管理における効率を促進する一方、ベンダーとのオープンで、友好的な関係を維持できます。

ベンダー ポータル
Enterprise Analytics Solution

助成金の管理

The Challenge

公的および私的研究資金に伴う規制および受託者の責任は複雑で、支出額はプロジェクトの取り組みを直接サポートするものであり、授与された資金総額を超えてはなりません。さらに、研究者と大学は、信用を保ち、研究の支援を継続して受け取るために、出資を受けた資金の監視努力を示す必要があります。

The Solution

MicroStrategyがあれば、研究と助成金管理チームは、スマートに行動し、ボトルネックを排除して、プロセスを効率化するために必要な情報に素早くアクセスできます。MicroStrategyのレポートと文書は、チームによる助成金供給ライン、取り組み状況、コンプライアンス要件、下請契約、証拠書類などの管理に役立ちます。MicroStrategyを使うと、助成金マネージャーは優れたレポートの作成、複数年にまたがるプロジェクトの予算残高の管理、特別取り組みの追跡、人件費の予測額の計算などができるようになります。その結果、研究チームと組織にとって包括的な財務管理ソリューションとなります。これらのアプリケーションはまた、会計士または研究責任者がタイムリーにプロジェクト台帳の残高を照合し、諸手当、施設費、管理費、学費を含む出費を見直す助けにもなります。

助成金の管理
Enterprise Analytics Solution

大学開発

The Challenge

多くの大学が、業務費用と現在の学生への資金援助を同窓生の寄付に頼っています。開発と同窓生関係のプロフェッショナルに対し、自身がエンゲージすることの価値を大学経営者に証明するプレッシャーが増しています。入学、学生指導、就職課など、他のオフィスは投資利益率を示すメトリックを策定しているのに対し、多くの同窓生関係オフィスはイベントへの出席やプログラミング後の満足感など、「ソフトな」メトリックに依存しています。

The Solution

進歩的な大学では、エンゲージメント プログラムが同窓生との関係を確立して強化し、開発スタッフが寄付しそうな同窓生の候補者を見つけて関係を育てるのに役立っています。エンゲージメント データはまた、寄付する見込みのある同窓生の個人的な親しさを明らかにすることで、開発チームが寄付見込者のプロフィールを区分し、より効果的なプログラムをデザインできます。MicroStrategyアプリケーションでは、大学が同窓生の親しさを集約的または個人レベルで粒度細かく見て、その結果によって意思決定を行うことができます。同窓生のエンゲージメント データに容易にアクセスできるようにするMicroStrategyは、最高額の寄贈者を特定し、新しく寄贈者になりそうな人物を見つけ、異なる資金調達のキャンペーンや手法の効果を分析するサポートをします。これにより、開発スタッフはリソースに優先順位を付けて、最も寄付しそうな同窓生に的を絞ることができます。

大学開発

高等教育のトップ企業はMicroStrategyを信用しています。

最も強力なアナリティクスプラットフォームを実践する準備はお済みですか?