Identity Analytics

重要なアイデンティティインテリジェンス情報の生成

iPad上のユーザー管理アプリ内のユーザーインタラクションのスクリーンショット。

Intelligent Enterpriseがアクセスと認証にリアルタイムデータを使用できるのは、MicroStrategy AnalyticsとMobilityプラットフォームを除いて他にありません。テレメトリーデータは、ユーザーがデジタルバッジを使ってエンタープライズリソースにアクセスする、他のユーザーやビーコンとやり取りする、またはCommunicatorメッセージに応答するたびに生成されます。このデータは、十分に活用されていない豊富な情報で、従業員の能力と生産性を向上させ、革新的なカスタマーエクスペリエンスと、よりIntelligent Enterpriseを実現するカギとなります。

アイデンティティインテリジェンスでアクセスから洞察へ進む。

物理アクセス制御システムで生成されたデータは、伝統的に異種システム内に異なる形式で保存されており、一意のユーザーに関連づけられる単一のビューに統合することが困難です。MicroStrategyのデジタル認証により、その状況は変わります。ユーザーがエンタープライズとやり取りすると同時に、アイディンティティ、ユーザーの行動、セキュリティデータ(つまり、極めて有益であるものの、しばしば十分に活用されていないか未使用のアイデンティティインテリジェンス)が生成されます。MicroStrategyは、ユーザーがエンタープライズとやり取りする状況への可視性を提供し、生産性の向上、リソース利用率の最適化、さらにビジネスプロセスの改善につながる、これまでにない機会をもたらします。

日常業務への可視性の向上。

MicroStrategyは、広範に分散している人員の管理に必要なツールをマネージャーに提供します。当社のアイデンティティソリューションにより、マネージャーは、わずか数クリックで、地域の営業チーム、リモートワーカー、全国に散在するトラックドライバーネットワークなど、あらゆる従業員を検索して連絡をとることができます。その結果、組織全体のコミュニケーション、コラボレーション、生産性が向上します。

従業員の位置を特定し、コラボレーションを促進

リソースを監視して、資産の利用率を最大化

ハードウェア、ITインフラ、車両、オフィススペースなど、組織はさまざまなリソースで成り立っています。これらの資産をどのように活用するかは、事業運営の核心ですが、今までほとんどの事業で資産活用の詳細な状況は活用されていませんでした。Usherを使えば、ビジネスのあらゆる側面のデータを生成し分析して、自社のリソースがいつ、どのように活用されているかを理解できるようになります。

デバイスの利用状況
利用状況プロファイル
リアルタイムアナリティクス

業界最強のアナリティクスプラットフォームを活用してビジネスに貢献。