MicroStrategy Identity and Telemetryソフトウェア開発キット (SDK)

Identity and Telemetry SDKを使用して、MicroStrategy BadgeとCommunicatorの特徴や機能を独自のエンタープライズアプリケーションに組み込むことができます。下にスクロールして、SDKで実行可能ないくつかの操作をご確認ください。アクセスをリクエストするには、こちらのお問い合わせフォームにご記入ください。お客様の順調なスタートを支援するため、後ほど担当者よりご連絡いたします。

Identity and Telemetry SDKで実行可能な一部の操作

モバイルアプリへの組み込み

バッジ、認証コード、QRコード、QRコードスキャナーを含む、Badgeの視覚的要素を、お使いのモバイルアプリケーションに組み込み、ユーザーが貴社のモバイルアプリを使用して認証とID検証タスクを実行できるようにします。

Webアプリとの統合

QRコード、認証コードを含む、BadgeとCommunicatorの機能をお使いのWebアプリに統合します。

任意の物理アクセス制御システムへの拡張

バーチャルに接続済みのドアを開けることができます。MicroStrategy Badgeは、ほとんどの物理アクセス制御システム (PACS) への初期設定不要のコネクターを搭載しています。また、Badge機能を非対応の物理アクセス制御システムに拡張したい場合は、Badgeの物理アクセス制御システムのオープンAPIを活用して、カスタム統合を構築します。

質問と回答

プログラムの概要

SDKモジュールへのアクセスのリクエストは、どのようにできますか?

上記のリクエストフォームを記入していただければ、後ほど当社のチームより、お客様の目標と目的の達成に適切なソリューションの選択についてご案内いたします。

サポートされているプラットフォーム/オペレーティングシステムは何ですか?

現在当社では、Web向けにJava、モバイル向けにiOSとAndroidをサポートしています。さらに多くのプラットフォームのサポートに向けての取り組みを進めています。

お支払い

SDKの使用に料金は発生しますか?

Identity & Discovery SDKのアクセスとダウンロードは無料です。Identity Platformでは、使用量に応じた料金をお支払いいただきます。

送信と開発

SDKへのアクセスを登録したら、どうなりますか?

お客様が登録を完了すると、お客様の目標と目的を理解し、その成功にIdentity & Discovery SDKがどのようにお役に立てるかをご説明するために、後ほど当社のチームよりご連絡いたします。

コンテンツまたはユースケースのポリシーに従う必要はありますか?

当社の利用規約に同意されている場合は、ご心配ありません。当社は、世界の特定の地理的地域にSDKを配布することに関して、法的に許可されていません。この登録フォームを記入されたら、当社の法的制限の正当性を確認するために、当社スタッフよりご連絡いたします。

自分の開発について、Identity開発者に相談することはできますか?

サポートまでお問い合わせください。 お客様をサポートするために適切なスタッフよりご連絡いたします。

新しいバージョンのリリース

アップデートはどれくらいの頻度で行われますか?

MicroStrategyプラットフォームはアジャイル方式を使用して構築されているため、頻繁に小さなインクリメントが2週間に1回リリースされます。インクリメントには、バグ修正を含むものや、強化機能を含むものがあります。

APIは下位互換性を持ちますか? その場合は、どの程度ですか?

MicroStrategyプラットフォームチームは、セキュリティが損なわれる可能性がある場合を除き、下位互換性の確保に向けて全力で取り組んでいます。従来のAPIとの下位互換性が達成できない場合は、代わりに新しいAPIが構築され、旧式のものは廃止予定としてマークされます。

アップデートの発表は、どうしたら確認できますか?

現在、アップデートが利用可能になると、開発者コミュニティにその旨を通知できるシステムの開発に取り組んでいます。その間、当社と継続的に連絡を取り、4週間ごとにアップデートについてご確認ください。

更新されたバージョンのSDKは、どうしたら選択できますか?

ご希望の更新済みSDKへのアクセスの取得について、MicroStrategyの担当者までお問い合わせください。

ヘルプ

他に未解決の質問がある場合は、どこに連絡すればよいですか?

未解決のご質問については、電話番号「703.848.8700」にて、ヘルプラインまでお問い合わせください。

質問への回答を得るまで、どれくらい時間がかかりますか?

優先順位と影響度に基づいて問題解決に取り組むように努めます。カスタマーサービス担当者が詳細を説明いたします。

Identity and Telemetry SDKを入手しましょう。