Intelligent Enterprise マップ

Intelligent Enterpriseは究極のデータ駆動型組織です。このIntelligent Enterpriseは、従来の反作用的な力(アジリティとガバナンス、利便性とセキュリティ、使いやすさとエンタープライズの機能性)を活用して、ビジネスインテリジェンスの域を超え、革新的な洞察をすべてのユーザー、構成員、パートナーに提供します。今日、先見性のある企業はすべて他社に先駆けてIntelligent Enterpriseへの移行を目指しています。その理由とは? 競合他社に勝るこのインテリジェントな優位性を生み出す組織は、明日の支配的な勢力となるからです。

そこに到達するには、ここからスタートします。

組織をIntelligent Enterpriseに変えるには、テクノロジー、テクニック、ビジョンの適切な組み合わせが必要です。この移行を支援するために、私たちはIntelligent Enterpriseの包括的なマップと、その開始にあたって役立つ以下の4ステップアプローチを開発しました。

評価 現在組織に影響を与えている外的圧力を評価します。

カタログ すべてのエンタープライズアセットのカタログを作成します。異なるユーザーと構成員にメリットをもたらすデータソース、システム、機能を特定します。

エンパワー 強力な分析ツールへのアクセスにより個人とチームを支援しながら、情報を一元化するための基盤を確立します。

移行を開始し、目的地へと進みます。新たな進路を進むにつれて、インテリジェントアプリケーションを展開し、構築し、立ち上げ、そして向上させます。

マップを探索:

外的圧力
テクノロジー 機会
  • クラウドコンピューティング
  • 機械学習
  • モバイルコンピューティング
  • ブロックチェーン
  •  ビッグデータ
  • モノのインターネット(IoT)
  • デジタルアイデンティティ
市場  Disruptors
  • Apple
  • Amazon
  • Google
  • Facebook
  • Alibaba
  • Twitter
  • Microsoft
外的圧力
規制  要件
  • データプライバシーとセキュリティ
  • 広告とマーケティング
  • コーポレートガバナンス
  • 雇用と労働
  • 財務
  • 環境
  • 健康と安全性
競争要因
  • 新規参入業者
  •  売り手の交渉力
  • 買い手の交渉力
  • 代替製品の脅威
  •  競合企業間の激しい競争
エンタープライズ資産
エンタープライズアセット 150以上のドライバーとゲートウェイ
  • SQL
  • MDX
  • Hadoop
  • NOSQL
  • アプリケーション
インテリジェンスセンター
プログラム
開発
  • アプリケーション
  • モビリティ
  • インテリジェンス
  • サービス
  • 部門
  • エンタープライズ
基礎
  • プラットフォーム
  • アナリティクス
  • 管理
  • アイデンティティ
  • データベース
  • システム
アーキテクチャ
開発
ユーザー受け入れテスト(UAT)
部門
エンタープライズ
展開
  • Amazon Web Services
  • オンプレミス
  • Microsoft Azure
  • Alibaba Cloud
  • Century Link
  • Google Cloud
  • IBM Cloud
  • Oracle Cloud
  • Rackspace
  • Docker
  • Kubernetes
  • Vmware
  • Linux
  • Windows
ペルソナ
  • インテリジェンスディレクター
  • アプリケーションアーキテクト
  • サービスアーキテクト
  • アナリティクスアーキテクト
  • データベースアーキテクト
  • モバイルアーキテクト
  • プラットフォームアドミニストレーター
  • アイデンティティアーキテクト
  • システムアドミニストレーター
インテリジェンスアプリケーション
ユーザー
  •  経営陣
  • マネージャー
  • 営業担当者
  • 従業員
  • ベンダー
  • インフルエンサー
  • VIPクライアント
  •  カスタマー
  • 住民
機能
  • 営業
  • マーケティング
  • カスタマーサービス
  • 製造
  • フィールドサービス
  • ファイナンス
  • 人事
  • IT
  •  設備
  • ベンダー
  •  カスタマー
デバイス
  • マルチモニター
  • TV
  •  デスクトップ
  •  Web
  • タブレット
  • スマートフォン
  •  スマートウォッチ
  • 音声
アプリケーション
  • エンタープライズアナリティクス
  • エンタープライズレポーティング
  •  ビッグデータ
  • データディスカバリー
  • 組み込みアナリティクス
  • エンタープライズモバイル
  • モバイルアナリティクス
  • モバイル生産性
  • 外部アプリ
  • アイデンティティ、セキュリティ、通信
  • モバイルテレメトリーとIoT
ロール
  • エグゼクティブ
  • ビジネス ユーザー
  • アナリスト
  • データサイエンティスト
  • 開発者

外部圧力

あらゆる組織は、事業を展開する市場を常に形作っている外的圧力に対処する必要があります。これらの圧力は、何らかの形でエンタープライズの各構成員に影響を与えます。エンタープライズは継続的にビジネスを展開し、人材を惹きつけ、顧客にサービスを提供し、さらに成長し続けるために、それに対応していく必要があります。

エンタープライズアセット

完全なインテリジェンスプラットフォームにより、組織は、既存のエンタープライズデータアセットを十分に活用できます。その範囲は、RDBMSシステムから、多次元式(MDX)キューブソース、Hadoopシステム、NOSQLデータベース、およびクラウドホスト型データソースにまで至ります。

  • SQL

    IBM DB2
    AWS RDS
    Oracle Database
    MySQL
    Google BigQuery
    SAP HANA
    Teradata
    Postgre SQL
    Microsoft SQL Server
  • MDX

    Cognos TM1
    SAP BI-BW
    Oracle Essbase
    SQL Server
  • Hadoop

    Amazon EMR
    Cloudera
    Hortonworks
    MAPR
  • NOSQL

    Mongo DB
    Cassandra
    MarkLogic
  • アプリケーション

    SAP
    Oracle
    Salesforce
    Workday
    Marketo
    Microsoft
    AWS
    Google
    Facebook
    Twitter
    Cisco
すべてのサポートされているデータソースを参照

インテリジェンスプラットフォーム

Intelligent Enterpriseへの道のりは、高機能のインテリジェンスアプリケーションを迅速に構築、展開、管理する機能を提供する、統合的な最新のプラットフォームの土台の上に築かれます。

インテリジェンスプラットフォームサービス

統合されたコアサービスのセットは、非常に強力なインテリジェンスインフラストラクチャに力を与え、アプリケーションを強化可能な一連のアドオン機能を提供します。

  • ドライバーとゲートウェイ

    ネイティブのゲートウェイとドライバーのこの膨大かつ増加するライブラリにより、組織が既存のエンタープライズリソースを活用するのが容易になります。

  • プラットフォームサービス

    これらの重要な機能は、一連のインテリジェンスアプリケーションの展開に必要になる拡張性、クラスター化機能、耐障害性、そしてプラットフォームアナリティクスを提供します。

  • アプリケーションサービス

    これらのサービスにより、開発者は、カスタムのコーディングをすることなく、トランザクション、コラボレーション、および地理空間アナリティクスをはじめとする高度な機能を簡単に統合することで、インテリジェンスアプリケーションを強化できます。

インテリジェンスプラットフォームメタデータ

次世代型プラットフォームは、組織のデータをエンタープライズのセマンティックグラフにインデックス化と抽象化を行うメタデータリポジトリを採用します。これにより、ユーザーは、ターゲットを絞り込んだアプリケーションを素早く構築し、いずれかのデバイスにこれらを展開することができます。

  • スキーマ

    このプラットフォームは、共有オブジェクトレイヤー(アトリビュート、メトリック、フィルターなど)を作成する機能を提供します。これらはエンタープライズの一元化された情報の構成要素で、TCOを削減する効果があります。

  • データ

    最新のインテリジェンスプラットフォームは、エンタープライズアーキテクトと部門アナリストに公開することができる、認定されたフェデレーテッドデータコレクションを集約する機能を提供します。

  • アプリケーション

    このプラットフォームはまた、パッケージ化され、あらゆるタイプのユーザーに公開される、実用的なインテリジェンスアプリケーションを構築し展開することにより、BIレポートの域を超える能力を実現します。

  • セキュリティ

    これらの機能は、エンタープライズ全体でパーソナライズされたアプリケーションを迅速に開発し展開するのに必要な統合されたエンタープライズ規模のセキュリティを提供します。

  • クライアント製品

    総合的なクライアント製品を使用すれば、組織は、各自のニーズに合わせてカスタマイズされたインターフェイスを通じて、すべてのユーザーに分析体験を提供できます。

インテリジェンスセンター

インテリジェンスプラットフォームの最大の可能性を実現させるには、組織は、最新のベストプラクティスを採用する堅牢なインテリジェンスセンターを設立する必要があるほか、成功を確保する人材およびプログラムを開発するためのトレーニング、サポート、コンサルティングサービスを活用します。

  • プログラム

    一連のインテリジェンスプログラムを実装することで、組織は、成功を収める展開、最適化されたシステム、および満足する構成要素が得られる環境を設定できます。基礎的プログラムは、最適化されたIntelligent Enterpriseアーキテクチャを設計、インストール、構成、および展開する手助けができる一方で、開発プログラムは、パワフルなアナリティクスおよびモバイルインテリジェンスアプリケーションの作成においてこれらの方向付けできます。

  • アーキテクチャ

    Intelligent Enterpriseは、部門における実装からエンタープライズ規模の展開まで、多様な運用モードをサポート可能な柔軟かつ拡張可能な構造上の基礎を必要とする一方で、パフォーマンス、データガバナンス、およびセキュリティを確保します。

  • 展開

    Intelligent Enterpriseへと転換する組織は、要件の変更に継続的に適応する必要があります。最新のインテリジェンスプラットフォームは、インフラストラクチャの選択において組織に展開する柔軟性を与えます。その範囲は、専用のオンプレミスの実装から、仮想化されたクラウドの展開まで、そしてその中間のすべてにまで及びます。

  • 組織

    Intelligent Enterpriseエコシステムの展開、統制、最適化に必要なのは、適切なスキルを有するチームです。そのため、展開の特定の状況に見合った技能を有する管理者とアーキテクトが配置された、専門インテリジェンスセンターを構築することが重要になります。トレーニングと教育は、有能なチームを作り上げる過程において重要な部分を占めています。

インテリジェンスアプリケーション

完全なインテリジェンスプラットフォームは、従業員、パートナー、顧客、および構成員のすべてを後押しするインテリジェンスアプリケーションの展開のためにフレームワークを構築します。その方法とは? セルフサービス型データディスカバリーと、専門分野に特化した部門およびエンタープライズアプリケーションのデリバリーの両方をサポートすることにより実現されます。

  • ロール

    完全なプラットフォームは、セルフサービス型データ ディスカバリーに従事するエグゼクティブおよびビジネス ユーザーから、所属部門のアナリティクスアプリケーションとモビリティアプリケーションを構築するアナリストとデータサイエンティスト、企業規模の開発のために高度に特殊化したインテリジェンスアプリケーションを作成する開発者に至るまで、すべてのユーザーロールをサポートする必要があります。

  • アプリケーション

    最新型組織では、ビッグデータアナリティクス、データディスカバリー、モバイルテレメトリー、自動レポートなどを含む包括的なエンタープライズ機能が要求されます。真のエンタープライズプラットフォームはこれらすべての機能を同時に実現できるため、組織はエンタープライズ全体のすべてのユーザーの元に洞察を届ける、任意の数のカスタムアプリケーションを迅速に展開することができます。

  • デバイス

    今日のユーザーはどこからでもデータ主導型の洞察に直ぐにアクセスできることを期待しています。完全なプラットフォームは、包括的な数々のクライアントデバイスにまたがるアプリケーションを提供するため、ユーザーは、そのロールとワークフローにおいて最適なデバイス上でインテリジェンスを消費し、情報をやり取りできます。

  • 機能

    完全なプラットフォームは、オペレーションから、マーケティング、販売、財務、IT、HRその他まで、組織の職務のすべてにわたりユーザーのロールをサポートする必要があります。分散型の部門別アナリティクスをサポートするインフラストラクチャと機能により、組織はあらゆる部門のユーザーを支援しながら、すべてのユーザーが情報の一元化を守るようにすることができます。

  • ユーザー

    ビジネスアナリストはその場でデータディスカバリーを行う機能を必要とする一方、経営陣やマネージャーのような消費者は認定されたエンタープライズデータを使用して実行されるアプリケーションへのアクセスを必要とします。真のインテリジェンスプラットフォームは、その両方のニーズ、さらにその間にあるニーズをすべて満たす能力を組織にもたらします。

Intelligent Enterprise マップを手に入れる。

今すぐ究極のデータ駆動型組織に向けて移行を開始。

推奨リソース

ビデオを見る
ビデオ

World 2018基調講演

CEO Michael SaylorのWorld 2018基調講演を見て、実行中のIntelligence Enterpriseを確認しましょう。

移行を開始。

Intelligent Enterpriseは予想以上に近くにあります。