Intelligent Enterpriseに変換する

組織の現在の立ち位置を評価し、機会を見つけて旅を続けます。

エンタープライズを評価する

コンポーネントをクリックするか、タップして、概説を確認します。プラス(+)アイコンをクリックし、組織が現在活用しているコンポーネントを選択します。

Intelligent Enterpriseの達成に向けた現在の進捗状況。

キー:

エンタープライズでのギャップ

エンタープライズ内に既にあるコンポーネント

Intelligent Enterpriseに必要なコンポーネント

外的圧力
テクノロジー 機会
市場 Disruptors
外的圧力
規制 要件
競争要因
インテリジェンスアプリケーション
ユーザー インテリジェンスデータを消費する組織ユーザーを選択します。
 経営陣

 経営陣

ビジネスエグゼクティブは、各機能のアナリティクスおよびモバイル戦略を立てます。機能の優先度、プログラム、予算、計画を定めると同時に、プラットフォームの資産やリソースを適切な状態に保つため、何を取り入れるか、効果があるか、さらには投資に見合った利益が得られるか、動向を把握し、公表します。

このユーザータイプが組織でデータを消費する場合にこのコンポーネントを追加する

 マネージャー

 マネージャー

マネージャーは、チームのためにアナリティクスとモバイルの実装と実行を指示します。また、チームの優先事項を確立し、経営陣へのレポートを作成します。

このユーザータイプが組織でデータを消費する場合にこのコンポーネントを追加する

営業担当者

営業担当者

営業担当者は、公開済みのアナリティクスを調査し、情報交換します。さらに、セルフサービス型データディスカバリーを使用し、カスタムグループ、派生メトリクス、動的フィルターを作成します。協働と共有を通じて販売生産性を発展させます。

このユーザータイプが組織でデータを消費する場合にこのコンポーネントを追加する

従業員

従業員

従業員は、公開済みのアナリティクスを調査し、情報交換します。セルフサービス型データディスカバリーを使用してアプリケーションを強化し、カスタムグループ、派生メトリクス、動的フィルターを作成します。協働および共有を通じて採用を発展させます。

このユーザータイプが組織でデータを消費する場合にこのコンポーネントを追加する

ベンダー

ベンダー

ベンダーは、公開済みのアナリティクスを調査し、情報交換できます。また、アプリケーションを拡大し、生産性とロジスティクスを発展させます。

このユーザータイプが組織でデータを消費する場合にこのコンポーネントを追加する

カスタマー

 カスタマー

顧客は、公開済みのアナリティクスを調査し、情報交換できます。カスタムモバイルアプリケーション、ユーザーアイデンティティ、およびセルフサービスで顧客体験を強化し、ロイヤリティを促します。

このユーザータイプが組織でデータを消費する場合にこのコンポーネントを追加する

デバイス インテリジェンスデータを提供する組織のデバイスを選択します。
コンピュータ

コンピュータ

デスクトップコンピュータとラップトップコンピュータ、およびコンピュータ制御するモニターとテレビディスプレー。

このデバイスが組織でデータを消費するために使用される場合にこのコンポーネントを追加する

タブレット

タブレット

主要インターフェイスとしてアプリケーションを実行し、タッチスクリーンを使用可能とするポータブルのインターネットに接続されたタブレットコンピュータ。

このデバイスが組織でデータを消費するために使用される場合にこのコンポーネントを追加する

スマートフォン

 スマートフォン

主要インターフェイスとしてアプリケーションを実行し、タッチスクリーンを使用可能とするモバイルのインターネットに接続されたスマートフォン。

このデバイスが組織でデータを消費するために使用される場合にこのコンポーネントを追加する

スマートウォッチ

スマートウォッチ

主要インターフェイスとしてアプリケーションを実行し、タッチスクリーンを使用可能とするデジタルウォッチ。

このデバイスが組織でデータを消費するために使用される場合にこのコンポーネントを追加する

音声

音声

スマートスピーカーなどの音声制御デバイス、または音声認識ソフトウェアがインストールされたデバイス。

このデバイスが組織でデータを消費するために使用される場合にこのコンポーネントを追加する

アプリケーション インテリジェンスデータを消費するアプリケーションを選択します。
エンタープライズアナリティクス

エンタープライズアナリティクス

MicroStrategyは、セルフサービス型データディスカバリーから、データサイエンティストの高度な予測アナリティクスツール、パーソナライズされたレポートとドシエを組織の数千人規模のユーザーに対する自動的な配信まで、エンタープライズアナリティクスニーズのすべての範囲に対処します。

組織のこのタイプのアプリケーションにデータを展開する場合にこのコンポーネントを追加する

データディスカバリー

データディスカバリー

MicroStrategyのセルフサービス型アナリティクス機能により、ビジネスユーザーは、エンタープライズアナリティクス環境のデータガバナンス、スケーラビリティ、セキュリティを犠牲にすることなく、自力で自由にデータにアクセス、探索、分析することができます。

組織のこのタイプのアプリケーションにデータを展開する場合にこのコンポーネントを追加する

組み込みアナリティクス

組み込みアナリティクス

MicroStrategyの組み込みアナリティクスにより、組織は、自社ブランドを反映し、ビジネスニーズに合わせて、高度にカスタマイズした、機能的で強力なWebおよびモバイルレポートアプリケーションを利用できます。

組織のこのタイプのアプリケーションにデータを展開する場合にこのコンポーネントを追加する

エンタープライズモバイル

エンタープライズモバイル

組織は、既存のビジュアリゼーション、レポート、ダッシュボードを活用して、モバイルBIを瞬時に導入できます。組織は、最新のインテリジェンスを直接入手することで、従業員がどこにいてもより良い意思決定を行えるようにできます。

組織のこのタイプのアプリケーションにデータを展開する場合にこのコンポーネントを追加する

外部アプリ

外部アプリ

MicroStrategy SDKにより、開発者は、モバイルアプリを極めて柔軟に改良、カスタマイズして、企業ブランドの基準を忠実に反映した洗練されたユーザーエクスペリエンスを提供し、アプリを一般公開または社内のアプリストアに公開できます。

組織のこのタイプのアプリケーションにデータを展開する場合にこのコンポーネントを追加する

アイデンティティとセキュリティ

アイデンティティとセキュリティ

組織は、従業員、顧客、サプライヤー、パートナーにデジタル資格情報を簡単に配置できます。これらの資格情報は、既存の物理アクセス制御システム(PACS)、論理システム、ユーザーディレクトリとシームレスに同期して、エンタープライズアクセスと認証を簡素化し、ユーザーの生産性を向上させます。

組織のこのタイプのアプリケーションにデータを展開する場合にこのコンポーネントを追加する

モバイルテレメトリーとIoT

モバイルテレメトリーとIoT

MicroStrategyのテレメトリーとIoTソリューションにより、組織は、エンタープライズアクセスと認証でリアルタイムのデータを取得できます。このテレメトリーデータは、エンタープライズインテリジェンスの豊富なソースであり、よりスマートでより生産的な従業員を明らかにするカギです。

組織のこのタイプのアプリケーションにデータを展開する場合にこのコンポーネントを追加する

ロール
 機能
インテリジェンスセンター
プログラム
アーキテクチャ
展開
組織
インテリジェンスプラットフォーム
現在採用しているMicroStrategy製品を選択します。
 アーキテクト

 アーキテクト

1つまたは複数のデータソースの物理構造を単一、論理、オブジェクト指向のメタデータにマッピングするBI開発ツール。

このMicroStrategy製品を組織で使用する場合にこのコンポーネントを追加する

Desktop/Web

Desktop/Web

ビジネスユーザーが複数のデータソースに接続し、ドシエおよびダッシュボードを作成し、より情報に基づく意思決定を可能とする無料のセルフサービス型データディスカバリーであり、またユーザーが複数のブラウザでアナリティクスにアクセスし、pixel-perfectレポート、ドキュメント、またはダッシュボード経由で情報の設計、やり取り、消費を可能とするゼロフットプリントのWebインターフェイスです。

このMicroStrategy製品を組織で使用する場合にこのコンポーネントを追加する

 モバイル

 モバイル

MicroStrategy Mobileを使用すると、組織はモバイルアナリティクスを配置し、強力な生産性アプリを構築することで、モバイル向けに最適化されたセキュアなネイティブ体験を提供することができます。

このMicroStrategy製品を組織で使用する場合にこのコンポーネントを追加する

 バッジ

 バッジ

物理的なバッジ、キーフォブ、パスワードを、個人の権限およびアクセス権に対して安全に関連付けられ、ブランド化されたモバイルアプリ上の資格情報で置き換えます。

このMicroStrategy製品を組織で使用する場合にこのコンポーネントを追加する

Hyper

Hyper

HyperIntelligenceは、コンテキストに応じた洞察をブラウザーベースのコンテンツに直接組み込むことで、ビジネスの生産性を高め、すべてのユーザーがアナリティクスにアクセスできるようにします。

このMicroStrategy製品を組織で使用する場合にこのコンポーネントを追加する

エンタープライズアセット
インテリジェンスデータを収集/保管するために使用するデータソースを選択します。
SQL

SQL

SQLは、プログラミングに使用されるドメイン固有の言語であり、リレーショナルデータベースマネジメントシステムで保持されるデータを管理する、あるいはリレーショナルデータストリームマネジメントシステムでストリーム処理を行う目的で設計されています。

SQLアセットの例として、IBM DB2、AWS RDS、Oracle、MySQL、Google BigQuery、SAP HANA、Teradata、PostgreSQL、およびおMicrosoft SQL Serverが挙げられます。

このタイプのデータソースが組織で使用される場合にこのコンポーネントを追加する

MDX

MDX

多次元式(MDX)は、データベースマネジメントシステムを使用したオンライン分析処理(OLAP)のためのクエリ言語です。SQLとほぼ同じく、これはOLAPキューブ用のクエリ言語です。これは、スプレッドシートの数式に類似した構文のある計算言語でもあります。

MDXアセットの例として、Cognos、SAP、Essbase、およびMicrosoft SQL Serverが挙げられます。

このタイプのデータソースが組織で使用される場合にこのコンポーネントを追加する

Hadoop

Hadoop

Apache Hadoopは、多くのコンピュータネットワークを使用して促進するオープンソースソフトウェアユーティリティのコレクションであり、多量のデータと計算に関わる問題を解決します。また、分散型ストレージ用のソフトウェアフレームワークと、MapReduceプログラミングモデルを使用したビッグデータの処理を提供します。

Hadoopアセットの例として、Amazon EMR、Cloudera、Hortonworks、およびMAPR Data Technologiesが挙げられます。

このタイプのデータソースが組織で使用される場合にこのコンポーネントを追加する

NOSQL

NOSQL

NoSQLデータベースは、ストレージのメカニズムと、リレーショナルデータベースで使用される表形式の関係ではない手段で具現化されたデータの取得を提供します。

このタイプのデータソースが組織で使用される場合にこのコンポーネントを追加する

このタイプのデータソースが組織で使用される場合にこのコンポーネントを追加する

Webベースのアプリケーション

Webベースのアプリケーション

計算では、Webアプリケーションは、Webブラウザでクライアントが実行するクライアント-サーバーコンピュータプログラムです。一般的なWebアプリケーションには、Webメール、オンライン小売販売、およびオンラインオークションがあります。

Webベースのアプリケーションアセットの例としては、SAP、Oracle、Salesforce、Workday、Marketo、Microsoft、Adobe、AWS、Google、Facebook、Twitter、Atlassian、Slack、Ciscoが挙げられます。

このタイプのデータソースが組織で使用される場合にこのコンポーネントを追加する

組織で現在使用されているすべてのコンポーネントにチェックマークを入れることでマップをカスタマイズします。

終了および続行

インテリジェントエンタープライズの詳細

The Intelligent EnterpriseTM is closer than you think.

Now that you've completed your assessment, you can begin transforming your business into a more Intelligent Enterprise. With your customized Map of the Intelligent Enterprise you’re able to plot out the critical next steps in the journey.

The Intelligent Enterprise leverages its people, processes, and technology to empower its business to keep pace with an increasingly complex and rapidly evolving landscape. Getting there requires effectively complementing powerful technology with expert technique. Whether you’re looking to enhance your MicroStrategy capabilities with new features and services, or you’re simply interested in exploring the possibilities you can achieve using the Intelligence Platform, we encourage you to print out your map and discuss it with a MicroStrategy expert who can help plan the next phase in your journey.