2024年7月19日(金) MicroStrategy World Tokyo 開催 | 詳細・登録はこちらから

Header
BitcoinLightning
Hero Background Image

HyperIntelligence®

コンテキストに即した分析と実践的な分析で生産性を再構築。

hyperintelligence_salesforce-animation.gif

ワークフローにデータをスムーズに統合

従来のレポートにとどまらず、通常は分析コンテンツを日常的に使用しないユーザーも活用できます。強力なデータモデルによって支えられたHyperIntelligenceは、Webアプリケーションやメールクライアントのキーワードを特定し、現在のワークフローに関連するコンテキストの分析カードを提示します。

Video thumbnail - HyperIntelligence Overview - Integrate data into workflows effortlessly
Video thumbnail - HyperIntelligence Creating Contextual Links for Cards

埋め込まれたアクションでデータを瞬時に表示

重要なタイミングでデータを表示し、アクションを提案することで、ユーザーエクスペリエンスを向上します。埋め込まれたアクションを活用して相互性を高め、同じコンテキストを維持しながら、レポートの閲覧、SlackやTeamsへのメッセージ送信、サードパーティ製アプリでのレビューなどを可能にします。

Hyper製品

洞察をいたるところに表示します

icon_two-phones-overlapping_large_white.png

Hyper ウェブ

ブラウザ拡張機能を通じてGoogle ChromeまたはMicrosoft Edgeウェブブラウザに知能を組み込みます。特定のウェブサイトを有効または無効にすることができます。

icon_office-icon_large_white.png

Hyper オフィス

ネイティブのOutlookでコンテキストに基づいた分析を表示します。このアドインでは、メール本文、件名、および名前のキーワードに基づいてハイパーカードを表示します。

icon_single-phone_large_white.png

Hyper モバイル

モバイルデバイスでのハイパーカードと洞察の検索。または、今後の会議に関連するカードで通知を受け取ることができます。iOSとAndroidで利用可能です。

icon_connected-cubes-sdk_large_white.png

HyperSDK

ウェブ拡張機能を使いたくない方向けに、HyperIntelligenceをネイティブのウェブサイトまたはアプリケーションに追加し、カードの閲覧を特定のページに限定します。

Video thumbnail - Building Your First HyperIntelligence Card

Hyperカードのデザインと導入はほんの数分

直観的なエディタと柔軟なデータレイアウトで、驚くほど簡単にHyperカードを作成できます。多様なウィジェットやマトリックスビュー、カードヘッダー形式の中から、最適なデータ表示デザインを選択できます。さらに、色のしきい値により、ひと目で特定の指標を把握することも可能にします。また、画像や脚注を追加して、詳細についても表示することができます。

Hyper製品を使いやすくカスタマイズ

Google ChromeやMicrosoft Edgeの拡張機能を自社用にブランディングしましょう。ロゴ、フォント、言語、概要を更新、あるいは、HyperSDKを活用してホワイトラベル化し、数行のコードで独自のアプリケーションにHyperをネイティブに組み込みましょう。カスタマイズすることでアプリの定着性を高め、アナリティクスの全体的な普及を促進します。

customize-your-hyperintelligence-experience.png

Hyperに関するFAQ

どこでHyperカードを作成して展開しますか?

MicroStrategy WorkstationでHyperIntelligenceカードのデザインと展開を行います。データセットから始め、Card Editorを使用します。属性やメトリックをドラッグアンドドロップしてカードの作成を開始します。環境へのアクセス権を持つユーザーに対してカードを保存し認証します。

業界全体でのHyperIntelligenceの使用例として、どのような主要なケースが見られましたか?

Hyperテクノロジーに関して、さまざまな使用例が見られています。多くの場合、組織はカードを使用して、ウェブサイトで商品情報(在庫および在庫の更新)をユーザーに提供したり、内部でアカウントの状態(健康チェック)を表示したりしています。

どのシステムに接続してハイパーカードを作成できますか?

ドシエデザインに似て、HyperIntelligenceは200以上のデータコネクタをサポートしています。ユーザーに最も結束力のある洞察を提供するために、データソースをミックス・マッチしてください。リレーショナルデータベース、クラウドベースのデータウェアハウス、その他から選択できます。

既存のアプリケーションの上にHyperIntelligenceを展開できますか?

HyperIntelligenceは以下のアプリケーションの上に展開できます:1)ChromeやEdge上の既存のウェブベースのポータルやページ、2)OutlookやGmailなどのメールクライアント、3)SalesforceなどのCRMシステム、または4)Microsoft TeamsやSlackなどの生産性ツール。

HyperIntelligenceについてもっと見る

ぜひMicroStrategy ONEをご検討ください。